看護師転職管理職

看護師の転職における情報や管理職の転職に関して紹介!

看護管理職と言うのは、看護主任や看護師長、看護部長のことを指しています。

看護管理職として自身がこういった方針で進めたいのに、やりたい事が行えないといった悩みは、管理職にとって非常に悩ましいものです。
施設の方針や看護理念によっては、自身が本来持っている力を十分に発揮できないこともあり、役職がついているとはいえ転職を考えることもあるのです。
では看護管理職経験者の方が転職を行う際に重要となるポイントについて説明していきます。

求人側の方針や看護理念があっているのか

求人側の看護理念が自身の方針に合っているかどうか、また職場の教育体制や職場環境が整備されているかどうかは管理職おいて重要な点です。
管理職として研修参加費のシステムが確立しているかという点は、今後学会に参加していくときに非常に重要になってきます。
職場が研修費用などの負担してくれるのであれば役職としての仕事を有利に進めることができます。

 

求人側の看護管理職に間する考え方

職場の方針によって看護管理職の設定の仕方や配置の仕方というのはさまざまです。
やっと役職として職場の方針が定まってきたところで、数年ごとに役職の移動があるところもあります。
そういった職場の方針と言うのは自身で変えられるものではないので転職する際には必ず確認しておきましょう。

管理職としての待遇や手当は充実しているか

看護管理職の手当ては、その職場で自身がが行う仕事に関しての帯下としてもらえるものです。
その待遇が自身がやりたい方針や業務内容に合っているのか確認しておくことが必要です。
まだ求人側の一般的な管理職としての業務時間や仕事内容についてもしっかりと確認しておくと良いでしょう。

看護管理職の転職に関する注意点

前職の看護管理職としての経験が転職先で必ずしも優遇されるとは限りません。

自身が持っている看護管理職としての技術が必ず転職先でも活きてくるものですが、福利厚生や給与面としては一般の看護師と変わらないと言う事は少なくありません。
看護管理職からの転職は、もう一度一人の看護スタッフから出直す覚悟が必要となる場合も多く、それに伴う収入の低下をある程度覚悟して臨まなくてはならないことを理解しておきましょう。

 

看護師求人サイトでの管理職の転職は非常に有利!

一般的な求人情報では、看護管理職のみを募集することはほとんどありません。
そのため管理職の方が転職に踏み切る機会が非常に少なくなっています。
看護師求人サイトであれば、求人側と求人サイトに在籍しているコンサルタントが密に連携をとっていますので、どのような人材を求人側求めているかということも、看護師求人サイト側は理解しています。
そのためコンサルタントと看護師側が直接連携を図っていくことが基本の看護師求人サイトでは、看護管理職を募集している職場というのを条件に求人情報を手に入れることも可能です。
管理職における給与面や管理職手当などの交渉もコンサルタントが求人側と条件交渉も行ってくれるので、管理職にとってはスムーズに転職が進められると思います。
また求人側の理念や看護理念に関してもコンサルタントを通じてお互いの理解を深めた上で面接を行うことができるので、管理職にとって方針が食い違わないと言う点では、看護師求人サイトを利用した転職は非常にメリットのあるものでしょう。

 

看護師求人サイトで好条件での転職を成功させるならこちら!